スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2011.12.15 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

球場の現在



この日は販売のための芝生の切り出しでした。

座席は既に撤去されてありません。


この痛々しい画像を見て、どう思われますか?

もう終わった?

寂しいけれど、諦めよう?


でも、それでいいですか?

サヨナラと見送ってほんまにええですか?


この場所を潰して、広島市長のやりたいような、商工会議所の都合のええような緑地広場にしてしまって、ええですか?


旧市民球場の活動に関係する全ての団体が、あなたの「行動」を必要としています。


何をしていいかわからないという人もいるでしょう。

けれど、何もしなければ始まりません。

(旧)広島市民球場フォーラムや旧市民球場の歴史と未来を守る会に協力する。

自分たちでグループを作る。

市民に訴えかけたり、仲間を増やしたり。

アイデアを持っている人はそれを実現する。

とにかく動いてみませんか?

思いつくこと、出来るだけのことをしてみませんか?


どうかその思いを行動に変えてください。

「その日」は刻一刻と迫ってきます。



旧市民球場関連記事

 10月6日の朝日新聞記事広島版に弊フォーラムでもお世話になっている広島国際大学の石丸紀興先生のインタビュー記事が掲載されておりますので、アップいたします。

先生の球場に対する熱い思いが伝わってくる記事です。

是非ともお読み下さい!



原寸サイズダウンロードはこちらから

http://ux.getuploader.com/9shimin/download/3/asahi001.jpg






旧市民球場跡地に建設予定の広島商工会議所ビル建設につきまして

 9月29日、旧市民球場跡地に建設予定の広島商工会議所ビル建設と概算費用が発表されました。

その計画には疑問や不透明な部分が多々あり、(旧)広島市民球場フォーラム参加団体であるALL FOR HIROSHIMAメンバーのmatalinos氏(http://twitter.com/#!/matalinos)によりtwitter上で解説いただきましたので、許可の上転載いたします。

またろさんは建築分野の専門家でもあります。


■参考資料A(出展:MARINA CHANNEL http://blog.livedoor.jp/marina_n/archives/51751534.html


■参考資料B 広島市に提出して質問状(第一回http://9shimin.jugem.jp/?eid=14 第二回http://9shimin.jugem.jp/?eid=27)、及びその回答(第一回http://9shimin.jugem.jp/?eid=22 第二回http://9shimin.jugem.jp/?eid=29


-------

●市は公費を補助金という形で支出してまで現計画地に商工会議所を移転してもらわないといけないの?「あの場所」でないといけないの?市が作るバスセンター方面からのペデストリアンデッキは商工会議所用になってない?全て は市と商議所幹部との密室の打ち合わせで決まっています!


●このように不透明な部分があり、一法人の便宜に強く傾いている疑いの強い計画案であるのに、この問題への住民投票の申し出に市は「市政の重要案件でない」と却下をしています。蒸し返されるとまずいことが多々あるのでは? 当然のようにこのようなことは中国新聞では報じられない。


●以前もつぶやきましたが、おそらく現敷地と新敷地、土地の面積も倍に近く増えており、紙屋町交差点にも近いため、土地の売買差額は20億円を超すと思われます。この差額を新ビルの運用で穴埋めすることは不可能、ここに市 の補助金が入る可能性が大きいのです。これっていいの?


●新商工会議所ビルの建設費は38億かもしれませんが、その裏に表に 出ない土地売買で20億以上の補助金交付が市からなされるとしたら、もともと商工会議所の発案の現計画自体建替えでの補助金目当てだったと考えられないで しょうか。皆さんの思い入れも深い都心の都市計画なのに。


●旧市民球場フォーラムから市への公開質問状への市からの回答でも、この点については、国からの払い下げ金額が未定であることを理由に市は回答を避けています。つまり市もこの可能性については否定していない。そして今回の 商工会議所サイドからの発表でこの疑念は強まりました。


●つまり38億という金額は建設坪数から割り込み想定すればおそらく純粋に建設コストのみになります。つまり商工会議所は移転に対する土地売買でのコスト発生を想定していないことになります。お金は急に出てきませんから、 ここは補助金の可能性が強いのです。皆さん如何ですか?


●新商工会議所の建設計画詳細が某有名ブログに掲載されました。内容をみると私の疑念が杞憂ではなかったことが明らかになってしまいました。これでいいんでしょうか! "大田さん、ここで”辞〜めた!”はズルイぜ!" http://bit.ly/coGpOL


●計画は現在の商工会議所が既存法規に合致していない部分を法的にクリアしつつ、オフィス部分の面積を同等にとるという条件のもとに計画されたようです。それで元の敷地面積1700㎡→新しい敷地面積3000㎡となったこ とがよくわかります。完全に商工会議所側の論理ですね。


●そしてここに条例による附置義務の駐車場91台が付設されます。駐車場はなんと月極想定ですか!公園のために一般利用者は使えないんですかね。完全にこの場所の公共性を無視してます。ちなみに月3万円は、ほぼこのあたりの相場とイコールです。


●2枚目の資料には堂々と、土地購入に関して「現在敷地と今回計画敷 地を等価交換(追加投資なし)もしくは、追加購入分と『同額の補助金』で対応する前提」とあります。更には現建物の解体費まで補助金を期待してますね。こ れもバカにできず、億以上のコストになると想定されるのに


●もう一度、新聞掲載のパース図を見ますと、バスセンターからのペデ ストリアンデッキは『確実に』新商議所ビル2階に接続されています。そしてその2階には飲食サービスが入り、その賃料は事務所賃料より25%も高く設定出 来てます。これは接続での便宜供与にならないといえるの?


●そもそも、現状商議所ビルの賃貸テナント部はガラガラです。それは賃料設定が高いため。設備老朽化もありメンテ費用も上昇していたでしょう。それを補助金まみれの建て替え計画で、バスセンター直結の新築テナントビルに建て替えられるんですよ!そんなことでいいの?


●バスセンター直結ということと、新築ということで多少賃料設定の高い坪13000円でも借り手はつくでしょう。しかしそもそも公益法人の商工会議所がやるべき事業なんですかね?周辺テナントビルと競合するわけだし。それに市が20億の補助金?冗談じゃないよ!!!(怒)



■第二回旧市民球場フォーラム まとめ

 8月22日に開催いたしました、第二回 (旧)広島市民球場フォーラム「旧市民球場のキモチになってみるワークショップ?!」。

ワークショップ各班がテーマにそって模造紙に書き込んだ思いから「キモチ」「方向性」を導きだし、その過程を下記映像におさめたものを公開いたします。

第三回フォーラムはこのまとめを元に行います。

日程等が決まり次第、またお知らせいたします。


http://www.youtube.com/watch?v=Eg2OgGv262Y





■9月19日トークイベント Ustream配信のお知らせ

 広島ミニコミセンター様・広島市民球場跡地利用市民研究会様の主催で9月19日午後3時より行われた、市民球場建設当時に現場監督をされた西廣一明様のトークイベントの模様をUstreamにて公開中です。

当時の空気感を伝える貴重なお話が数多くございますので、是非ともご覧下さい。


その1

http://www.ustream.tv/recorded/9674104


その2

http://www.ustream.tv/recorded/9674570


その3

http://www.ustream.tv/recorded/9675184


映像の途切れや、音声が聞き取りにくい場合もございますが、ご容赦ください。



■「旧広島市民球場の歴史と未来を守る会」様よりの重要なお知らせ

 旧市民球場の解体差し止め仮処分申請の申し立てをされている 「旧広島市民球場の歴史と未来を守る会」様より、弁護士費用や活動費など、パレードと諸経費のカンパの依頼が参りましたので、お知らせいたします。

なお、それぞれのお問い合わせや返信は(旧)広島市民球場フォーラムではなく、直接「旧広島市民球場の歴史と未来を守る会」(土屋 otokiyotoki@hop.ocn.ne.jpへお願いいたします。


※中国新聞で(旧)広島市民球場フォーラムが仮処分申請の申し立てをしたかのような記事が掲載されましたが、仮処分申請の申し立てをされたのは「広島市民球場の歴史と未来を守る会」様であり、(旧)広島市民球場フォーラムではありません。(旧)広島市民球場フォーラムの発起人であった永井健二氏は、「広島市民球場の歴史と未来を守る会」の会長に就任するために、7月をもちまして(旧)広島市民球場フォーラムを離れておりますので、重ねて報告いたします。




------以下詳細------

■パレード参加のお願い


旧市民球場の解体差し止め仮処分申請の第1回審尋は9月3日に行われました。次回は28日と決まっております。球場解体を止めるために残された時間と、私たちにできる方法は僅かしかありません。

本日8日私たちは、民意を示す最後の手段として、解体の賛否を問う「住民投票」実施請求書を、広島市長に申請いたしました。

市民への緊急アピールとして、住民投票に必要な署名協力への事前のお願いと、裁判資金カンパのお願いをするために、以下の内容でパレードを行います。一人でも多くの市民の皆様への参加を呼びかけます。


日時:2010年9月12日(日) 雨天決行


タイムスケジュール:13時30分 旧市民球場前集合 14時 パレード開始


ルート:市民球場前→原爆ドーム東側通過→本通→金座街→(Uターン)→市民球場


問い合わせ:

土屋 otokiyotoki@hop.ocn.ne.jp 

携帯 070-5672−3058


注意事項:

※熱中症対策のため、水分や冷却グッズを必ず持参してください。

※主催者の指示に必ず従ってください。


お願い:

※広島県外在住の方は、県内在住のご友人・ご親族などに宣伝をお願いいたします。

※ブログやツイッター等をお持ちの方は拡散・宣伝をお願いいたします。



■カンパのお願い


 さきの6月22日の広島市議会において、「旧広島市民球場廃止条例」が可決され、残念ながら行政の手続き上は球場の解体が議決されてしまいました。

 すでにさまざまな報道でもご存じのように、旧市民球場の解体、そしてそこに緑地広場を作るという広島案(6月1日提示)については、多くの市民が疑問を持ち反対意見を表明してきました。

そして署名活動や街頭アピール、討論会といった活動が展開され「早急な解体ノ−」、「白紙にもどして、しっかりとした議論を」との訴えがなされてきました。

 広島市には、こうした民意をくんでの再考を、市議会には、市の強引ともいえる解体手続きへのチェックを期待しての活動でしたが、残念ながら前記のような結果となってしまいました。民意は市政に反映されず、市議会に良識の風を起こすことはできませんでした。市民が直接関与できないところで、市民の思いを軽視した行政がまかり通っている現実を、私たちは今回の問題ではからずも知ることになってしまいました。

 このようなことを看過していては、私たちの広島市は被爆とは違った意味で荒廃してしまうことでしょう。そこで私たちは直接自分たちが関与できる方法で、旧市民球場の解体に<待った!>をかけます。

そのための緊急行動として、8月23日、私たちは広島地方裁判所に「旧市民球場解体差し止め仮処分申請」の申立書を提出いたしました。

 今回の申し立てに当たっては人的な応援はもちろん、弁護士費用や活動費など、かなりの資金が必要となってきます。そこで、私たちの行動、活動に理解くださる方に、下記のご賛同ご支援をいただきたく、お願いするしだいです。

広島市民球場の歴史と未来を守る会」 会長 永井健二


★賛同してくださる方は協賛金として、 1口 1万円 (何口でも可)をお願いいたします。

※賛同者には活動の経過や収支の報告をします

※一口一万円ですが、お気持ちの金額でも構いません。


申込書ダウンロード先

http://bit.ly/9mTJLp


プリンタが無い・ダウンロードできる環境に無い等の理由のある方は、郵送しますので下記問い合わせ先のアドレスまでご連絡ください。


申込書の送り先:

〒730-0843 広島市中区舟入本町1−14−505

広島市民球場の歴史と未来を守る会」  


問い合わせ先:

土屋  otokiyotoki@hop.ocn.ne.jp 

携帯 070-5672−3058  


郵便振込 「旧広島市民球場の歴史と未来を守る会」

口座番号  01310−0−48925


■トークイベントのお知らせ

来る9月19日午後3時より、広島ミニコミセンター様・広島市民球場跡地利用市民研究会様の主催で、市民球場建設当時に現場監督をされた西廣一明様のトークイベントを行われます。

このイベントは先日の第二回(旧)広島市民球場フォーラムに西廣様が参加いただいた際に「もっと当時の様子を聞きたい」という要望が多く、この度実現する運びとなりました。

またお話をお聞きするだけでなく、「メモ」方式で質問もしていただけます。

貴重な機会です。是非とも皆様お誘いあわせの上、お越し下さい。


--------------------------------------------------------------------------------

「市民球場はこのように建設されたのだ」

〜市民球場の過去と明日を語る〜


対談:西廣一明さん(市民球場建設当時現場監督)

   石丸紀興さん(広島国際大学教授)


日時:9月19日(日)午後3時〜

場所:カポネ(広電土橋電停下車・むさし南隣)

地図(←Click Here)

http://www13.ocn.ne.jp/~kapone/index.html

参加費:会場費200円(飲み物は各自注文してください。1ドリンク500円程度)

    事前申し込み不要

主催:広島ミニコミセンター・広島市民球場跡地利用市民研究会

問い合わせ先:

電話/080-6328-7615(池田)

メール/hageike-hiroshima@ezweb.ne.jp(池田)


※当日はインターネットによるUstream中継を行う予定です。

http://www.ustream.tv/user/tv9shimin

なお、中継にはモバイル機器を使用しますので状況によっては予告なく中止になる場合がございます。ご了承ください。


※この対談は整理して、パンフレットをつくり、印刷原価で頒布の予定です。



■2010年8月31日

遅くなりましたが、第二回(旧)広島市民球場フォーラムにご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

現在、まとめ作業をしておりますので、発表をお待ちください。


旧市民球場最終日。

行われているイベントに迷惑をかけないように、フォーラムに参加している団体のメンバーがスタンドにてこっそりと「壊から活へ」アピール活動を行いました。

取材するテレビカメラに写りこもうという目論見です。

どうやら夕方のニュースに映っていたとのことで、目論見は成功した模様です。

また、いろんな方に声をかけていただいたり、志を同じくする若い方との新たな出会い(http://ameblo.jp/tomokiti0423/entry-10635525846.html)があったり、朝日新聞の取材を受けたり、嬉しい成果もあったようです。



今日もフォーラムに参加する各団体のメンバーは、球場の未来のためにそれぞれの場所でそれぞれ出来ることをしていました。

我々にとっては、特別な最後の一日ではなく、日常の中の一日です。

例え広島市が「最後」にしてしまっても、市民の合意無き解体に反対し、解体ではなく活用を求め、市民案を目指す活動の中の一日にしか過ぎません。

ある人は数ヶ月、ある人は数年、それぞれの時間やきっかけの違いはあれどこの問題に気づき、この問題に関わった瞬間から情熱を持って取り組んできました。

気づいた瞬間、関わった瞬間が今日でも、明日でも、明後日でも、遅くはありません。

大きな権力が市民ごと旧市民球場を流してしまおうとしても、踏みとどまれる、波を押し返せる可能性はゼロになったわけではありません。

出来ることはまだあります。

(旧)広島市民球場フォーラムは諦めていません。


これからも(旧)広島市民球場フォーラムは皆様のアクションが必要です。

至らないところも多々ございますが、皆様と共に、頑張って参ります。

引き続き、よろしくお願いいたします。






■第二回(旧)広島市民球場フォーラム web企画のお知らせ

22日に開催予定の第二回(旧)広島市民球場フォーラムですが、用事でご不在、また遠方で来られないという方々から不参加の連絡などをいただいております。 
そこで、そんな皆様に向けて、web企画を準備いたしました。

 「旧広島市民球場のキモチになってみるワークショップ」web版 旧広島市民球場になりかわって今の「キモチ」を考えて、下記の方法でご応募ください。

 ●twitterアンケート http://tsunotter.com/1125 
((旧)広島市民球場フォーラムtwitterアカウント http://twitter.com/9shimin
 twitterアカウントをお持ちの方は是非、ご参加ください。

 ●メールアンケート 
「旧広島市民球場のキモチ」を9shimin@gmail.comまで送って下さい。 
それぞれ頂いた「キモチ」は随時、ワークショップに反映させていただきます。
 twitterアンケート、メール企画は既に募集中です。なお、twitter、メール共に締めきりは22日14時40分でお願いいたします。

 ●Ustream中継
当日は、Ustream中継をする予定になっています。 http://www.ustream.tv/channel/shimin1
twitter、メール、Ustreamとモバイル端末を使用して行いますが、地下会議室ということで繋がらない可能性もございます。 
その場合、「キモチ」は別の形で発表させていただきます。
Ustreamの場合は、繋がらない際は中止となります。
何卒ご了承ください。

不参加の皆様、ふるってご応募ください。
もちろん、来られる人数は大勢のほうが盛り上がりますので、来られる方は是非お越し下さい!
ご応募、そしてご来場、フォーラム一同お待ちしております。

■第二回(旧)広島市民球場フォーラム開催のお知らせ

第二回 (旧)広島市民球場フォーラム「旧市民球場のキモチになってみるワークショップ?!」開催のご案内です。


何も言えない旧市民球場の「キモチ」を考えることで参加者自身の球場への思いを探りながら市民が本当に望む旧市民球場の「未来」とは何かを掘り起こし、「理念」と「市民案」を作り上げるためのワークショップです。お気軽にご参加ください!


日時:平成22年8月22日(日)13:30〜16:00

会場:広島平和記念資料館 東館地下 会議室(1)

主催:(旧)広島市民球場フォーラム


問い合わせはwebで!

Web http://9shimin.jugem.jp/

E-mail 9shimin@gmail.com





PR

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

9shimin

selected entries

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM